一生モノだからこそ

私達が大切にする、いわゆる『一生モノ』と呼べるようなモノはたくさんあります。それは、ずっと大切にするからこそ価値が高くなるものであり、当然ながらそれを大切にすることに、私達は意義を見いだしています。そういう点で考えれば、『家』というのも、一生モノである、と言えます。私達は、自分だけでなく、家族でそれを大切にすることによって、一生を掛けて守っていく、守られていくことによって、本当に家という存在を一生モノとすることが出来ます。一生モノにするには、やはりそこが誰にとっても住みやすい、より良い空間で無ければなりません。

 

残念ながら、注文住宅の利用に関して、失敗したという方もおられます。それは、デザインや空間設計そのものを重視しすぎて、本来重要視しなければならない、「生活のしやすさ」という点においていくつか不満点が、実際に住んでから出てしまった、というものです。その不満点には、室温、導線、収納など、こうしておけば良かった、と思えるようなことがたくさんあります。ですから、そういった事態を避けるためにも、計画段階で、綿密な計画が必要であると言えます。私達は、家を建てる時に失敗しないために、いくつかの点を切り分けて考えられます。